ひとりじゃない

dangotic blog

Viola,Bicycle,Yakult Swallows,Rakugo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさしぶり自転車

久しぶりに乗りました。



「こちらがととの自転車です。」
 とと自転車
パジャマで失礼しました。


ステムを下向き120mmにしてサドルとの落差が30mm位。
サドルを前に出してみて足が落ちやすいと感じるポジションにローラー台でいじってみました。
股間節の固い自分にとってちょっと長いし低いかな・・・という懸念はありました。



町田街道から246を南下。

背中まっすぐとお腹ぽっこり
視線は前
肘は外に曲げて上体を支える
股関節、肩甲骨の筋肉が力まない様に
頭の位置のお尻と手のひらの荷重のバランス
などなど意識しつつ・・・

結構いい感じでした。
途中でサドルを1cm程後ろに。
とりあえずハンドルが遠かったり低かったりとは感じませんでした。

足はよく回って(多分地球の中心に向かって落ちていってくれていると思う・・)くれていて
ふとメーターを見ると・・・あれ・・・??
今までの回転数や足の裏にかかる負荷や脚の負荷の感じから想像するスピードより
5~7Km/hくらい速いんです。
脚は軽くくるくる回っているのに・・・



なんて考えながら去年の9月のやまめの学校の時の事を思い出しました。

登坂練習の終わりの時に堂城さんに
「サドルの先をお尻に突き刺して,ハンドルの手前をにぎってみて」と指示が飛びました。
するとそのフォームは重心に乗りやすいので軽く脚が落ちていきます。
「軽く漕げるでしょ?お尻を引いた、前傾の深いフォームでも平地でも登りでもどんな時でもその軽さが感じられるようにしてくださいね。」
って言われました。
その時はそんなこと出来るんだろうか?と衝撃的な気持ちでしたが,
今日,その感覚に触れることができたような気がします。



久しぶりに乗れて,ちょっといい感じがつかめて、
いや、もう、楽しかったですよ♪
スポンサーサイト

おまた!

今日はいい天気でしたね~

代休の本日のBike Ride、R246を厚木方面へ行ってきました。


やまめの学校で乗り方を教わってから、
背中をまっすぐにすることや足先や膝を開くことをずっと意識してきました。
もともと内股・猫背で歩く僕にとってなかなか大変なことで、
漕ぎながら開いてもすぐ内股漕ぎになってなかなかうまくいきませんでした。

が、今日、膝と足先をずっと開いていることができました。
股関節の力みが抜けて、股関節を開くことによって
自然と膝と足先も開くようになったんだと思います。
背筋もまっすぐにしやすくなったように感じます。

ここんところ続けている足回りのストレッチの効果でしょうか?
もともと固かったものが短時間で十分に柔らかくなったとは思いませんが,
いままであまり意識していなかった筋肉を使えるようになったというか、
スイッチを入れられるようになったからかもしれませんね。

キツメの坂道でもおしりからジワーッと回せている様な感じでした。
アベレージスピードも先週よりまた微増でうれしい♪


ジテツウ

久しぶりに自転車通勤をした金曜日

会社までの往復48km
天気も良かったのでとてもきもちいいライディングでした。


前回のブログで
「脚の動きと上体の回線が繋がったというか、連動しはじめたというか・・・」
と感じていることを書きましたが、
なんで「回線が繋がった」のか考えながら乗っていました。
それは腹筋だったのかな?
知らず知らずのうちに腹筋に力が入って
せっかく頭とお尻でバランスをとったとしても
その力が脚に乗る事を阻害していたのかな。

それとも、
家から駅までの歩きで「重心を移動させるとは?」なんて意識してみたり、
電車の中で猫背にならない正しい姿勢を心がけてみたり、
とかいう事の成果が出始めたのかな?

でもでも、
まだまだなので生活の様々な場面でもっといろいろ考えながら
いい方向に行くようにしたいですね。
電柱にぶつからないように気をつけなきゃ。



strad and cayo
ストラディヴァリとカヨさん
いつみても美しいストラディヴァリ。溜息出ます・・・

何かが・・・

久々に親子ローラー
自転車に乗るのも初乗りしたっきりだから3週間ぶりか・・・
頻度的にはダメダメな私ですが、何かが変わった気がするんです。
12月に「サドルに座るのが後ろ過ぎてたかな?」と気づいた辺りから年末年始のライディング、
そしてきのうのローラーで。
脚の動きと上体の回線が繋がったというか、連動しはじめたというか・・・
上体の力が抜け始めたというか・・・
今までより力まなくなったし、ペダルに重さが乗るようになったような・・・そんな気がします。
やっと一つステップを上れたような・・・というかスタート台につけたというか。


10年くらい前にヴィオラを弾く時、右手の力みがいつの間にか抜けて、
腕の重みが弓にうまく乗っかり初めて、
周りからも「音色きれいになったね」なんていわれた時の事に似た感覚です。


あ~
写真なんか載せちゃうと突っ込みどころ満載で恐ろしいのですが、
まぁ、久しぶりの親子ローラー記念という事で・・・

ローラー




ファンライド誌の今月号の「やまめの学校・復習編」は大変参考になりました。
「ニュートラルなところから加重をスピードに応じてかけていく乗り方」とか、
「力で踏むのではなく重心移動で加速させる」とか、
「自然にペダルが回っている状態で、サドルの1cm前に座り、頭の重さが落ちていく脚にたくさん乗る感じ」とかとか・・・
自分の感じはじめている感覚を言葉で整理してもらえました。
反復して体に覚えさせなきゃ。

あと、印象的だったのが巻頭のPeopleコーナーの陸上短距離選手の塚原直貴さんの言葉。
「僕らがしたいのは、重心をスムーズに、前に乗せて速くすすむこと」
なるほど!

クリスマスライド

クリスマスライド…
って言ってもサンタの格好でロード乗った訳でなく…な25日のお話。


お正月に頂く予定のちょっといいハムを買いに行くついでにライディンぐ~

今年5月にやまめの学校にいってポジションを出してもらったCAYOさん
その後、
サドルを引いたり上げたり
ハンドルをしゃくったり下げたり
いろいろ試して見ましたが、
今は、
サドルを前へ出し、下げて
ハンドルを送って、上げて
・・・・・・
結局5月の状態に戻ってきました。
当然といえば当然なのですが。

「やまめポジション」の一般的なイメージからするとハンドルを送った状態、
とても骨盤を前に倒しやすいです。
骨盤を前に倒すと、サドルに当たる股間の場所が結構変わるんですね。
そして太ももと太ももの間に体を倒しこんでく感じ。
リュックに荷物詰めてのライディングだったけど
力まずにとてもスムーズに焦げました。
いや、漕げました。


来年のクリスマスライドはサンタの格好で乗ってみようか?
CAYOさんにトナカイの角つけて。


だれかご一緒しません??






カヨさん
まだいじる前のCAYOさん

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wellcome

Search in this blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。